ゴミ屋敷になってしまうわけは!?原因と対策を知って対処を


ゴミ屋敷が発生する要因

ゴミ屋敷になってしまう背景はさまざまです。ゴミ捨てをサボっている間に少しずつ溜まっていく、不法投棄をされたことをきっかけに溜め込む、モノを捨てることに抵抗感がある、などがあります。ほかにもボランティアで街のゴミ拾いをし、それらのゴミを自宅に持ち帰ってくるというケースもあります。ゴミ屋敷に至る理由は人それぞれですが、いずれにしてもいつかは解決するべき問題です。ゴミを溜め込んでいると、最終的に自治体の強制撤去の対象となる可能性があり、そうなれば基本的に費用は自費です。近隣住民からのクレームの原因にもなるため、重症化する前に不用品回収業者に依頼して片付けてもらいましょう。

ゴミが崩れてくる前に対処を

重症化する前のゴミ屋敷であれば危険性は低いですが、背丈以上の高さにゴミが積み上がるようになると危険です。特に家電製品などの粗大ゴミが崩れると大けがをする可能性があります。最も危険なのは就寝中に地震が発生し、頭の上に粗大ゴミが落ちてくるケースです。命に関わる問題ですから、まだゴミの高さが低いうちに対処してください。

不用品回収業者はゴミの分別作業を行ってくれるので、自分は何もしなくても大丈夫です。プロに依頼すれば即日で綺麗にできることが多く、ハウスクリーニングサービスを用意している会社であれば、快適に住める状態に変えてくれます。ゴミ屋敷を処分したあとは、害虫の死骸が大量に発見されることが多いです。不衛生な状態は感染症のリスクを高めるため、健康のためにも早めの処分をおすすめします。

不用品回収を神奈川で頼むときには、買取可能かどうかチェックしましょう。買取可能だと捨てるよりもお得に処分することができます。